若者の書籍離れ

若者の書籍離れっていうのが進み、本が売れない時代と言われていますが、本が売れないというのは雑誌でも同じことのようです。特に女性誌は一時、種類がたくさんありましたが、休刊してしまったものも多いようで、なかなか厳しい状況が続いているっていうのは今でも多くの雑誌で見られるようです。そういった中で打開策として最近、増えてきているのが小型版の発行というもの。これは小型版の雑誌というもので、通常のものと中身は変わらないけれどもサイズが小さいということになり、重さなども軽くなっているのだそうです。これがヒットしているようで、今後もこういった小型版の雑誌っていうのは増えていくのではないかとみられています。どうやら家でゆっくり読む時間がないために、通勤時間などで読みたい人が増えているのではということですが、こういった打開策により雑誌が少しは売れるようになるのでしょうか?今後、どこまで効果を上げるのかに期待です。市川ミュゼ

Comments are closed.